■歯周病のウソホント



   歯周病について、一般に広まっている知識には、本当の
   こともあれば間違っているものもあります。いろいろな例
   を通して、歯周病の正しい知識を身につけましょう。

   「歯周病ってうつる?」これはある意味本当です。歯周病
   は歯周病菌による細菌感染症なので、たとえば歯周病の
   患者である恋人とキスをしたら、感染する可能性はないと
   はいえません。ただし、歯周病菌の感染力はそれほど強く
   ないので、余程体の抵抗力が弱っている時でなければ、
   心配することはないでしょう。

   「歯周病は遺伝する?」これも考え方によっては当てはまる
   かもしれません。歯周病そのものが遺伝することはありま
   せんが、歯周病の細菌に感染しやすい体質や、プラークの
   残りやすい歯並び等は、親子で似ている可能性は大いにあり
   ます。歯周病の身内がいたら、自分にも同程度のリスクが
   あると思って十分注意した方がよさそうです。

   「歯周病で歯が抜ける?抜かなければならない?」歯周病の
   症状、段階によって、歯槽骨の大部分が侵食され歯を支えら
   れなくなり、歯が抜け落ちてしまうことはあります。また、
   まだ抜けていなくても歯科医から「抜かなくては今後他の
   歯に悪影響が出る」と言われる場合もあります。重症まで
   放置したために、何本もの歯を失うケースも実際にあります。

   歯科医は、将来的な見通しを含め、1本だけでなく口腔内全体
   を考えて歯の保存の可否を判断しますが、まだ生きている
   歯を失うことにどうしても納得がいかなければ、セカンド
   オピニオンを求めるという方法もあります。
   

■本サイト人気コンテンツ

  ◆ どんな種類がある?
  ◆ 治療方法について
  ◆ プラークコントロール
  ◆ その他の予防方法
  ◆ 歯周病と病気
  ◆ 対策の最新事情