■歯周病と病気



   歯周病と糖尿病は密接な関係にあることをご存知でし
   ょうか。糖尿病の患者は歯周病にかかりやすい要素が
   多い上に、歯周病と糖尿病がお互いに症状を悪化させる
   という悪循環も最近の研究で指摘されています。糖尿病
   によって血糖のコントロールがうまくいかないと、唾液
   の分泌が減少したり血行が阻害されたり、抵抗力も低下
   するなど、歯周病になりやすく治りも悪くなる条件が
   整ってしまうのです。

   糖尿病は内科疾患、歯周病は歯科疾患ですが、どちらも
   生活習慣病の側面が非常に強い病気です。歯周病の治療
   が効果を上げると、糖尿病も改善されたという報告もあり、
   どちらも並行して十分な自己管理と慎重な治療の必要が
   あります。

   また歯周病と関連して併発しやすい病気に肺炎や心臓病
   があります。歯周病の原因となる細菌に、肺炎を起こす
   細菌が含まれているため、体の抵抗力が弱っている時に
   唾液などから肺に伝播した場合、肺炎を発症する場合が
   あるのです。また、同じく歯周病の細菌が何らかの原因
   で血液に乗り心臓に達すると、抵抗力の弱っている場合
   に心臓の血管や壁に炎症を起こし、心臓病を引き起こす
   恐れもあります。

   最近では、妊娠と歯周病の関連性も指摘され、少しずつ
   知られるようになってきました。妊娠中に歯周病にかかると、
   早産や低体重児などのリスクが何倍も高くなるとの研究
   報告を聞き、怖くなった妊婦さんも多いのではないでしょ
   うか。また逆に、妊娠中のホルモンの影響で口内の環境が
   悪化し、歯周病にかかりやすい状態になることも同様に
   知られています。妊娠と歯の健康は、密接に関係しており、
   元気な赤ちゃんのためには口内の健康にも十分注意を払う
   必要があるのです。
   

■本サイト人気コンテンツ

  ◆ どんな種類がある?
  ◆ 治療方法について
  ◆ プラークコントロール
  ◆ その他の予防方法
  ◆ 歯周病と病気
  ◆ 対策の最新事情