■歯周病の原因と発症



   口の中には常に様々な細菌が多数存在していてそれなり
   にうまくバランスを保ちながら共存しています。しかし、
   何らかの要因でいい細菌の影響力が弱り、悪い細菌が台頭
   してくると、口腔内の病気が起こりやすい状態に陥って
   しまいます。歯磨きによる歯の洗浄が不足すると、表面に
   プラーク(歯垢)が付着し、さらにそれが慢性化すると歯石
   という石灰化した状態に移行していきます。

   そうなると、歯石の表面のザラザラ状態にさらにプラーク
   が付着しやすくなる悪循環となります。歯石は歯ブラシ
   では落とすことができませんので、歯科医院で除去して
   もらわなければなりません。毎食、毎日の歯磨きで歯垢
   をキレイに落とすこと習慣が大切です。

   歯周病の原因は、歯垢や歯石によるものが大半ですが、
   それ以外にも様々な要因があります。甘いものや柔らかい
   ものが多かったり、栄養バランスの乱れた食生活が続いたり
   すると、歯垢はそれだけつきやすくなり体の抵抗力も下がる
   ことで細菌に負けてしまいます。喫煙やストレスなどの
   生活習慣も大きいですが、意外なところでは口呼吸による
   口腔内の乾燥もひとつの要因として指摘されています。

   また糖尿病や内臓系の疾患がある場合、特に歯周病の進行
   が進みやすいケースもあるそうです。なお、女性の場合は
   思春期や更年期、および妊娠中など女性ホルモンの分泌が
   変化する時期に、歯茎に炎症を起こしやすい条件が増加
   するので要注意です。これらの要因も総合的に考えて、
   自分に合った歯のケアを毎日続けていくことが大切です。
   

■本サイト人気コンテンツ

  ◆ どんな種類がある?
  ◆ 治療方法について
  ◆ プラークコントロール
  ◆ その他の予防方法
  ◆ 歯周病と病気
  ◆ 対策の最新事情